せどり・全自動せどり・アフィリエイト・情報販売・株・FX・競馬に関する厳選情報商材の最前線を斬る!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せどりもかなり競争が激しくなっているのは間違いありません。
実際に購入者が購入しようとした時、やはり評価を参考にします。

他に出品者がいないような本であれば話は別ですが、基本的には
表示されている画面内で競争が起こっている事になります。

現在のアマゾンマーケットプレイスでの画面上では、以下の3点が表示されてまね。

①高い評価の%
②過去1年間の評価数
③過去の全期間の評価数

%と評価数がどのくらいあればよいか?
というのは、なかなか調べようがありません。

そこで、これは某大手古本屋さんから聞いた話ですが、

"評価数が5000を超えてくると、最安値でなくても売れてくる”

と言ってました。本当かどうかは評価数が5000を超えてみないと
分かりません。ので早く5000を超えるように頑張っています。

ただ一つ言えることは、この競争の中を生き抜くには評価の
重要性がますます高まってくるということです。かなり売上が
左右されると思います。

私は、いままで全く気にしない訳ではなかたのですが、あまり
重要視してこなかった為、評価はいまいちです。(笑)(ToT)/
ですので、巻き返しを図っている最中です!

どう巻き返すのか?

まず、経験的に評価が1・2を入れられる時は、ほとんど以下の2つ
のどれかに当たります。

①商品の状態に満足しない場合
②到着が遅い場合

①については、商品状態の記述と購入者の意識とのギャップですので、
今後も間違いなく起こりうると思います。
この評価対策の為、全ての商品状態を控えめに書くのは、ナンセンスと
考えています!

ただ、出品の際に時間の許す限り出来るだけ正直に書くようには
しています。それで納得いただけない場合はしょうがないですね・・

あとは、仕入れの際になるべく状態の悪いものは仕入れないよう
に注意はしています。

②については、結構まめに発送することと、AMTSを使い、受注時
及び発送時の2回メールを出すことでかなーり悪評価は減りました!
(^o^)/

特に、発送時のメールで伝票番号を送信することで購入者が自分で
配送状況を確認してくれるので、問い合わせも減ったし、購入者
の安心にも繋がっています。

どうしても都合が悪く発送が遅れそうな時は、これまたAMTSの
受注メールでその事を記載してごめんなさいと誤っておくと、多少
到着が遅れても、悪評価はもらわないで済んでます。

この場合、"わざわざ連絡ありがとう"と言ったメールが来るぐらい
です。

さらに、全自動せどりでは、梱包にはちょっとお金をかけてクッション
封筒を使いますので、その部分で購入者の満足に繋がっているようです。

このクッション封筒は、以外とあなどれません。
"ちゃんとした古本屋さんなんだ"との印象を持ってもらえているようです。多少、高くとも効果ありと感じています。

という訳で、梱包・発送部分に力を入れるだけで悪評価はいまのと
ころほとんどなくなってきています。

①の改善策を思いついたら、このブログにUPしますね!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loopscom.blog43.fc2.com/tb.php/28-93d50d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。