せどり・全自動せどり・アフィリエイト・情報販売・株・FX・競馬に関する厳選情報商材の最前線を斬る!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は今年で35歳になります。
大学を卒業して、社会人になったのが23歳!
それからサラリーマンとして働いて12年になりますね(笑)

途中、一度、転職をしましたけど、まぁあまり変わらないですね。
比較的、大手の会社ですが、給料はボチボチです。

朝から晩までクタクタになるまで働いても、結局、普通に生活できる
程度にしか、給料はもらえません(ToT)ガーン。

本当、つまらないですね!

そもそも、どうしてこんなことになっているのか!?
本当にこのままでいいのか?
他にどういう選択肢があるのか?

忙しく働いていると、深く考える機会もあまりありませんね!

でも、たまには考えてみようと思います!!



私の父親は、今はもうリタイヤしていますが、NTTに勤めておりました。
電電公社といわれている時代に入社したそうです。
どちらかといえば、公務員かたぎというか、公務員気質というか!?
ちょっと固めの感じの人です。

父親は、いわゆる団塊の世代で、昭和の全盛期をサラリーマンとして過ごしました。
本人の発言の端々から、サラリーマンで幸せだったと心から思っているようです。
趣味はゴルフで、休日はいつも打ちっぱなしで練習していました。
車はクラウンを買っては喜んでいました。
そして退職金でマイホームを建て直し、立派な家も建てました。
いわゆる典型的なサラリーマン人生を歩んだ訳です。
見ていると、とっても満足そうです。

そして父親は私にこう教えました。

いい高校に入学して!
いい大学に入学して!
いい会社に入社しなさい!!


私もなんの疑いを持たずに、それが普通だと思って、サラリーマンになりました。

しかし、サラリーマンになって見ると、疑問が噴出してきました。

こんなに朝から晩まで働いて、生活できる程度の給料しかもらえないのか?
俺は、この程度の生活を手に入れる為、中学・高校・大学と受験戦争をかいくぐり
頑張ってきたのか?

という思いがいつもつきまとっていました。
そう思い続けて12年間過ごしてきました。



本当にこれでいいのか????

どうも、今はこれではよくないみたいですね!!


そうです!時代が変わってしまったのです!!
かつての価値観では、図ることができないほど大きな変化が起こっています!
その変化に気づいているか?いないかによって今後の人生は大きく変わってくるでしょう.。。

私はこの変化には2つの要因があると考えています。

1,雇用環境の変化 ~欧米型の資本主義の到来~
2,インターネットとういう怪物の出現

1,雇用環境の変化

これについては、やはり現在サラリーマンをやっている方は体現されているかも
知れませんね。正確な資料はありませんが、1998年頃だと思います。
規制緩和・規制緩和と叫ばれて、どんどん緩和されていきました。
これによりビジネスの世界は、それまでの護送船団方式の日本型資本主義から
弱肉強食の欧米型の資本主義へ変わっていきました。

日本型の資本主義の特徴は下記の3つです。
・年功序列
・終身雇用
・分厚い年金制度

そして、重要な事は、私たちの親たちは、この3つにサラリーマンのメリットを
見出していたのです。
そんなに、欲張らないで、サラリーマンやっていればそこそこの生活が保障
されていた訳です。年金に支えられ老後も安心!!という訳ですね。

なるほど、これは考えようによっては、あながち間違った考え方とも思えないですね。
さらに、付け加えると、サラリーマン以外の道を、もし選択しようと思えば、かなりの
高いリスクを伴っていた為、当時、考えうる選択肢の中では圧倒的に賢い選択
だっと思います。

例えば、じゃあサラリーマン以外に生活する方法はあったのか?といえば
考えられるものは、こんな感じ。

・医者・弁護士・会計士等の特別は資格を有する場合(自営)
・自営業(小売等)
・芸能人・スポーツ選手
・独立・起業

はっきり言って、どれも現実的ではないし、猛烈に高いリスクがつきまといます。
ですので、あえてリスクを犯してこうした職業を選択する理由がない限り、
普通にサラリーマンをやるのが、どう考えてもよかった訳です。

そして欲を言えばサラリーマンとして、上を目指す!すこしでもいいポストや収入
を目指すというのが最も賢い選択であったことは間違いないでしょうね。

しかし、これは、今となっては昔の話です!!
完全に時代は変わってしまったといえるでしょう!

そもそも、サラリーマンのメリットであった、この3つ↓

・年功序列
・終身雇用
・分厚い年金制度

そんなに、あくせく働くなくとも、とりあえず会社にいれば給料がもらえたり・・
そんなメリットは今では、死後です。
もう、こんなスタイルの雇用をしている企業はないんです。
欧米型の雇用スタイルの中では、業績が悪ければクビです。
できない奴は給料もあがらない!
年齢が上にいけばいくほど責任は重くなり、失敗すれば終わりです
これが、リスクといわないで何だというのでしょうか?
今最もリスクの高い職業はサラリーマンじゃないでしょうか?

しかし、逆の見方をすれば、能力のある人はどんどん出世して、給料も
たくさんもらえるから、1長1短だよ!
なんて声が聞こえてきそうですが・・
私に言わせてもらえば、それは、もらえると言っても、あくまでサラリーマン
の水準と比較して多くもらえるという事です。
起業して成功してもらえる水準と比較したらゴミみたいなものです。

話がそれましたが、つまり、サラリーマンのメリットというかいいところと思われて
いた要因が、いまや全くないというのが現実です。

しかし、今はそんな環境の変化にはお構いなし!
サラリーマンが普通だ!
他の選択肢はない!

といった考え方・価値観がいまだに多数を占めているように思います。
このようにただなんとなく、古い価値観を精査することなく、流されていくのは危険だと思います。
なぜなら、普遍的な価値観なんてもとからある訳ないからです。
社会や技術革新によって、価値観は変化していくものだからです。
私は今こそもう一度深く、働くという事・働く方法を根底から見直す時だと考えます。


ちょっと長くなってしまいましたので続く!!







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://loopscom.blog43.fc2.com/tb.php/58-23a1655b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。